文字サイズ
拡大
縮小
色変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

English

  • お問い合わせ
  • サイトマップ

明日の地球のために

ホーム > ICETT概要 > 研修事業概要

ここから本文です。

掲載日:2010年4月1日

研修事業概要

ICETTの設立背景

ICETTのある四日市は、1959年に国内初の石油化学コンビナートが市内の旧海軍燃料廠跡地に建てられ、更に1963年と1972年のコンビナート増設以降、日本の中心的な産業都市のひとつとして、目覚しく成長してきました。産業発展の過程で、「四日市大気汚染」として有名かつ深刻な公害が発生し、地域住民の健康や環境に甚大な損害を与え、やがて、四日市の公害は、世界的にも知られるようになりました。しかし、産業、地方行政、研究機関が一体となって、公害対策に取り組んだ結果、深刻な大気汚染問題が解消され、地域の生活環境が劇的に改善されました。

ICETT(国際環境技術移転センター)は、1990年3月に、国内で蓄積されてきた公害防止技術、環境管理のノウハウを開発途上国に移転するために、国(現経済産業省)や国内の主要企業、学術機関等の支援を得て、三重県と四日市市及び出捐企業によって設立されました。ICETTは、急速な工業化により発生した公害に苦しむ諸外国の環境保全・改善に努めており、それが、地球の環境保全に寄与すると信じています。

そのために、ICETTでは、研修・技術指導、調査・研究、交流・連携 情報提供・普及啓発などの取り組みを行っています。そして、このような取り組みを効果的に連携することによって、各国における特殊なニーズにこたえるべく、技術移転を推進しています。

ICETTとは

ICETTは、内閣府の認定を受けた、専門的な技術を提供する非営利機関です。環境関連技術及び、環境保全策等を開発途上国に移転することを目的としています。直接経済的支援を提供する機関ではないので、研究開発、人材育成等の各事業は、通常、政府開発援助(ODA)、地方公共団体、民間企業等の各機関から委託や補助を受けて実施しています。

研修事業の特徴

ICETTは、環境分野における国際協力を専門とする国内初の機関として、以下のような研修事業を実施しています。

  • 対象国・地域の事情を反映しつつ研修員のニーズにもこたえる専門的なマネジメントや技術情報を提供します。これによって研修員の総合的な能力開発を推進します。
  • ICETTが立地している四日市では、かつて悪臭、硫黄酸化物による大気汚染、水質汚濁等の公害が起こり、大きな社会問題となっていました。公害を他所で繰り返さないでほしいという想いから、地方行政、産業界が一丸となって諸外国に環境保全の重要性を“伝える”組織の設立が行われました。それゆえに、行政の環境保護政策、産業界の技術的な対策、循環型社会構築のための諸策、ひいては地球環境保全と多岐にわたる研修が行われています。
  • 研修プログラムは、ICETT内での講義のみならず、現場見学や討議、レポート発表などで構成されています。
  • 講師は課題に応じてICETT職員の他、行政、企業、研究機関等から招いています。

研修概要

環境保全の分野での人材育成を目指し、諸外国の行政官、技術者、研究者等を対象に、日本国内で取り入れられている環境保全に関する行政の施策及び技術を中心に研修を実施しています。

現在、海外からの研修員を国内で受け入れる研修と、講師や専門家を海外に派遣する研修の二通りの人材育成事業を実施しています。

国内受入研修

  • 国内委託研修
    10名程度の研修員を対象に、1週間~1ヶ月間実施されます。委託元には国際協力機構(JICA)の他、日本国内の地方公共団体などがあります。
  • 開発途上国の諸機関からの依頼研修
    海外の独自の団体や円借款事業の付帯からのものがあります。

海外研修

  • 地方公共団体の友好都市提携先や、調査や各支援事業のカウンターパートを対象に、現地で現場指導やセミナー、フォローアップなどの形式で行います。

研修の諸費負担について

  • 政府開発援助(ODA)によるものについては参加側は原則無償で研修を受けられますが、近年は参加側が一部或いは全部を負担するタイプのものも出てきています。

研修に参加するには/研修コースを組んでほしい場合は

  • JICA研修
    自国のJICA事務所又は日本国大使館にて研修計画や応募要項を入手してください。
  • それ以外の研修
    お気軽にお問い合わせください。
    研修企画については、専門の担当からproposalやcost estimationをご提示します。

研修内容・方法

ICETTでは、研修プログラムを円滑に進めるために、下記の研修内容・方法を取り入れています。

1.研修のカリキュラム

  • カリキュラム構成:

     
  • 形態: 講義、レポート発表、討議、実習、見学など
  • カバーする領域:大気、水質、廃棄物、リサイクル、環境教育、省エネルギー、CO2 削減

2.言語

主に英語、中国語、スペイン語、ロシア語のうちいずれかとし、国別のコースによっては当該国語で実施することもあります。

3.研修修了証書

所定の期間を満了して研修を修了した研修員には、委託元等から修了証書が授与されます。

研修・宿泊施設

国内受入研修:通常、ICETTが保有する宿泊施設(シングルルーム)に泊まっていただき、カリキュラムによっては、他の一般宿泊施設を利用します。

ICETTの宿泊施設について

研修を目的としており、華美なサービスはありませんのでご了承下さい。

  • 室内設備:シャワー付きバス・トイレ、ベッド(シングルサイズ)、机、デスクライト、テレビ、冷蔵庫(フリーザーなし)、棚、クローゼット、タオル(小1枚)、石鹸
  • 館内共有設備:食堂、ランドリー(洗濯機・乾燥機、無料)、白黒コピー機、ノートパソコン(各自1台を貸与、無線LAN対応)、テレビ(衛星放送対応)、体育室、テニスコート、自転車など

注:洗剤、シャンプー、歯ブラシ、バスタオル(大判)は各自ご持参ください。

施設案内へリンク