文字サイズ
拡大
縮小
色変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

English

  • お問い合わせ
  • サイトマップ

明日の地球のために

ホーム > 世界の環境 > ヨーロッパ

ここから本文です。

掲載日:2010年4月1日

ヨーロッパ

このページは環境問題を独自の視点から、地域ごとに特に注目したい内容をコラムにしたものです。

地球温暖化につながるCO2排出量は全世界のCO2総排出量の約1/10程度を占めています(燃料の燃焼に伴うもののみ)。京都議定書付属書の中では、排出量が減少した地域の方に名前を連ねています。また、土壌中の炭素固定量が大きいという特徴があります。

酸性雨の目安となる降水のpHでは、地域ごとに差がありますが、ほとんどの地域で降水の酸性雨化傾向が見られます。以前は、強酸性化傾向を示す地域が多かったのですが、最近の傾向としては、一部の地域を除いて、強酸性化傾向は緩和されている地域も多くなってきています。

また、ヨーロッパでも、規模は小さいですが、若干の砂漠化も進行しています。その主な理由として、過放牧、森林減少といったものが挙げられます。しかし、一部の地域に半乾燥地が見られる程度で砂漠化はほとんどないとも言えます。年降水量が年蒸発量を上回る、もしくは、年降水量と年蒸発量ほぼ同じ地域が多く、全体的に見れば、降水と蒸発に関してバランスのよい地域であると言えます。