文字サイズ
拡大
縮小
色変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

English

  • お問い合わせ
  • サイトマップ

明日の地球のために

ホーム > PFAN民間資金調達ネットワーク

ここから本文です。

掲載日:2018年4月1日

民間資金調達支援ネットワーク

①PFANとは

 Private Financing Advisory Networkの略で民間資金調達支援ネットワークの意味です。

 PFANは低中所得国を対象に気候変動適応及びクリーンエネルギー事業を行う事業開発者に無償で事業計画書の作成

 指導、投資家とのマッチング等を支援するグローバルなコンサルタントのネットワークである。  

②PFANの仕組み

  • 事業開発者はPFANに事業計画提案書を提出し、指導対象と判断されたプロジェクトは、クリーンエネルギー事業に知見があり、 事業対象地域の事情を把握している財務の専門家が事業計画書の作成をサポートする。
  • 投資フォーラムの対象候補として、選別されたプロジェクトの事業開発者は、ワークショップに参加でき、事業計画書のレビュー・指導とクリーンエネルギー事業者とネットワーキングの機会が与えられる。
  • 投資可能と判断されたプロジェクトは投資フォーラムに参加する機会を与えられ、、投資家の前でプレゼンテーションをする。

③PFANの実績 (2018年4月現在)

  • 資金調達実績 12.56億ドル(USD) (25ヶ国、102プロジェクト)
  • クリーンエネルギー発電能力 802MW
  • 温室効果ガス削減量 330万トン / CO2 / 年間

 アジア諸国

日にち 場所 概要
2018年2月 シンガポール 第8回アジアにおける気候変動及びクリーンエネルギー・ファイナンシングフォーラム (AFCCEF-8)の開催
     

 

アフリカ諸国

日にち 場所 概要
2018年4月

コートジボワール・アビジャン

第3回アフリカクリーンエネルギー・ファイナンシングフォーラム(WAFCCEF-3)の開催
     

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。